Sony GP-AVT1 mode d'emploi

Consultez gratuitement les manuels de GP-AVT1 de Sony ici. Avez-vous consulté le manuel sans y trouver la réponse à votre question ? Posez donc votre question à d'autres propriétaires de GP-AVT1 de Sony.

三脚機能付シューティング
グリップ
Shooting Grip With Mini
Tripod
Poignée de déclenchement
avec mini-trépied
4-146-645-02(1)
GP-AVT1
取扱説明書
Operating Instructions
Mode d‘emploi
© 2009 Sony Corporation Printed in Japan
日本語
お買い上げいただきありがとうございます。
電気製品は安全のための注意事項を守らないと、
火災や人身事故になることがあります。
この取扱説明書には、事故を防ぐための重要な注意事項と製品
の取り扱いかたを示しています。この取扱説明書をよくお読み
のうえ製品を安全にお使いください。お読みになったあとは、
いつでも見られるところに必ず保管してください。
安全のために
ソニー製品は安全に充分配慮して設計されています。しかし、
まちがった使いかたをすると、火災などにより人身事故になる
ことがあり危険です。事故を防ぐために次のことを必ずお守り
ください。
●安全のための注意事項を守る
●故障したら使わずに、ソニーの相談窓口に相談する
警告表示の意味
取扱説明書では、次のような表示をしています。表示の内容
をよく理解してから本文をお読みください。
この表示の注意事項を守らないと、感電やそ
の他の事故によりけがをしたり周辺の家財に
損害を与えたりすることがあります
注意を促す記号
行為を指示する記号
下記の注意事項を守らないと、けがをする
ことがあります。
ビデオカメラが充分に安定した状態で、落とさないよう
にグリップを取り付ける。
落下してカメラを破損したりけがの原因となることが
あります。
積載ビデオカメラ重量を守る
制限重量
1kg
(電池その他含む)を超えると、グリップが
倒れたりしてけがの原因となることがあります。三脚
として使用するとき、積載重量を超える力を加えると脚
の部分が破損する恐れがあります。
グリップとして使用するときは、かならずストラップに
手を通して持ってください。
カメラノブは確実に締め付けて固定する
締め付けが弱いと、ずれたりはずれたりして、ビデオカ
メラの破損や人にけがを負わせる原因となることがあ
ります。
脚の開閉、グリップの角度調整には充分注意をはらう
指などをはさみ、思わぬけがをすることがあります。
使用上のご注意
グリップの角度を調整するときは、安全のため操作部に指を
置かないでください。またビデオカメラを片方の手でしっか
り持って、落とさないように注意してください。
グリップの角度を調整するときは角度調整ボタンを確実に押
し込んでから行い、調整後は角度調整ボタンが戻りきったこ
とを確認してから使用してください。角度調整ボタンが戻ら
ない場合は、角度を微調整してください。
三脚として使用するときは、
脚を完全に広げて、水平な場所でご使用ください。
ビデ転倒か、バラして
を離してください。
コンバージョンレンズなどのアクセサリーをご使用の場合
は、バランスを再度確認してください。アクセサリーによっ
ては、使用できない場合もあります。
風・振動などで転倒のおそれのある場所でのご使用は避け
てください。
落としたり、液体がかかったりしないようにていねいに扱っ
てください。
直射日光の当たるところや暖房器具のそばなど温度の高いと
ころや、湿気の多いところには置かないでください。
ご使用後はビデオカメラからはずし、付属ポーチに収納して
保管してください。
コードはコードクランパーを使って整理してください。
A/V
リモート端子を抜き差しするときは必ずプラグ部分を
持ってまっすぐ抜き差ししてください。無理に抜き差しする
と破損の恐れがあります。
お手入れについて
汚れたら、やわらかい布に中性洗剤溶液を含ませてふいてか
ら、乾いた布でからぶきしてください。
海岸など、潮風の当たる所で使用したあとは、乾いた布でよく
ふいてください。
特長
脚を広げると三脚としてもお使いいただけるグリップリモコン
です。
A/V
リモート端子搭載のビデオカメラに接続し、快適なリモ
コン操作ができます。
握りやすいグリップにより、自然な姿勢で撮影できます。ま
た左右どちらの手でも操作可能です。
高いアングルから低いアングル、自分撮りなど様々なアング
ルで撮影できます。
三脚として安定した撮影ができます。
リモコンには撮影の基本機能(動画撮影、静止画撮影、ズーム)
があります。
各部の名前
1
カメラネジ
2
カメラボス
3
カメラ台
4
カメラノブ
5
角度調整ボタン
6
A/V
リモート端子
7
START/STOP
ボタン
8
PHOTO
ボタン
9
ズームボタン
10
R
11
L
12
グリップ部
13
ストラップ穴
ビデオカメラを取り付ける
バッテリーやカセット、“メモリースティック”ディスクなど
は、本機を取り付ける前にビデオカメラにセットしてください。
ビデオカメラや本機を落とさないようにご注意ください。
1
本機とビデオカメラをしっかりと手で持った状態でカメラ
ボスとカメラネジをビデオカメラ底面の穴に合わせる。
-
1
ご注意
カメラボスは可倒式です。ボス穴の有無に合わせて、倒
したり引き起こしたりしてご使用ください。
ご使用のビデオカメラにボス穴がある場合はカメラボス
を立てて取り付けてください。カメラボスが倒れている
場合は、先の細いもので引き起こしてから取り付けてく
ださい。
ご使用のビデオカメラにボス穴が無い場合は、カメラボ
スを倒してから取り付けてください。
2
カメラノブを回してカメラネジをゆるく締め、カメラ台を
前後に動かして前後のバランスを調整する。
3
安定する位置で、カメラノブを止まるまで回してカメラ台
を固定する。
4
A/V
リモート端子をビデオカメラの
A/V
リモート端子に接
続する。
コードが長い場合は、コードクランパーに挟んでください。
-
4
三脚として使う
1
脚が完全に開いていることを確認する。
2
前後のバランスを確認する。
カメラ台の角度、ご使用のビデオカメラによっては、バラン
スがとれず三脚が不安定になる場合があります。不安定な
状態では使用しないでください。
ご注意
三脚として使う場合は、必ず水平な場所に置いてください。
グリップとして使う
1
ハンドストラップを取り付ける。
-1
2
R
L
が開いている場合は、
R
L
を閉じる。
3
ストラップを手に通してグリップを持つ。
-3
ビデオカメラを片方の手で支えながら、グリップを握って
ください。
イラスト
-3
のように指を置くと、安定した撮影ができま
す。
グリップの角度を調整する
角度調整ボタンを押すとグリップの角度を約
10
̊ずつ変える
ことができます。
1
角度調整ボタンを奥まで押し込みながら、グリップを希
望の角度に調整する。
角度調整ボタンを押すときは、片方の手でビデオカメラを
支えてから行ってください。支えていないとビデオカメラ
が一気に傾くことがあります。
2
角度調整ボタンが戻りきる角度で固定する。
ビデオカメラの重心を少し前にすると、リモコン操作をし
やすくすることができます。
ご注意
角度調ボタ戻りいるを確てくい。
角度調整ボタンが戻りきっていない場合は固定されていませ
ん。ビデオカメラを押さえながらグリップを少し動かして
度調整ボタンが戻る位置を探してください。
ご使ビデメラては、を変とバ
が不なるありす。そのは、バラ
定する角度に調整し直してください。
グリップの角度によってはリモコン操作ができない場合があ
ります。その場合はグリップの角度を再度調整してお使い
ださい。
リモコンで操作する
お手持ちのビデオカメラの取扱説明書もあわせてお読みくださ
い。
電源を入れる
1
ビデオカメラの電源を入れ、スタンバイ状態にする。
2
ビデオカメラを動画または静止画の状態にする。
ご注意
スタンバイ状態がしばらく続くと、自動的に電源が切れる場合
があります。再びスタンバイ状態にするには、ビデオカメラの
電源を
ON
にします。
動画を撮影するには
START/STOP
ボタンを押す。
撮影を止めるには、もう一度
START/STOP
ボタンを押す。
静止画を撮影するには
PHOTO
ボタンを軽く押したまま画像を確認し、深く押し込
む。
ズームする
ズームボタンを押す。
T
(望遠)
被写体が大きく写る。
W
(広角)
被写体が小さく写る。
ズームボタンをさらに押すと速くズーミングします。
ズームボタンの凸部を前後に動かしても操作できます。
A/V
リモート端子非搭以下のビデオカメラでもリモコン
操作ができます。
HDR- CX7, CX6, HC9, HC7, HC5, HC3, SR8, SR7, SR5, SR1,
UX7, UX5, UX3, UX1
DCR- DVD908, DVD905, DVD808, DVD805, DVD803,
DVD755, DVD708, DVD705, DVD703, DVD653,
DVD608, DVD605, DVD602, DVD508, DVD506,
DVD505, DVD408, DVD406, DVD405, DVD404,
DVD403, DVD308, DVD306, DVD305, DVD304,
DVD205, DVD203, DVD202, DVD109, DVD108,
DVD106, DVD105, DVD103, DVD92, HC96, HC94,
HC90, HC48, HC47, HC46, HC45, HC44, HC43,
HC42, HC41, HC40, HC39, HC38, HC37, HC36,
HC35, HC33, HC32, HC30, HC26, HC24, HC23,
HC22, HC21, HC20, HC19, HC17, PC1000, PC55,
PC53, SR300, SR290, SR200, SR190, SR100, SR90,
SR82, SR80, SR72, SR70, SR62, SR60, SR52, SR50,
SR42, SR40, SR33, SR32, SR30
対象のビデオカメラは、すべての国や地域で取り扱いしてい
るわけではありません。
撮影が終わったら
ビデオカメラの電源を
OFF
にする。
お手持ちのビデオカメラの取扱説明書もあわせてお読みくださ
い。
ビデオカメラを取りはずす
1
カメラノブをゆるめ、カメラ台からビデオカメラをはずす。
2
脚をたたむ。
持ち運びについて
キャリングポーチに入れてください。
ご注意
ビデオカメラを取り付けたままで、持ち運ばないでくださ
い。
主な仕様
積載カメラ重量
1 kg
以下(電池その他含む)
リモコン機能
START/STOP
ボタン、
PHOTO
ボタン、
ズームボタン
W/T
外形寸法
収納状態
三脚状態
45
×
132
×
68 mm (
/
高さ
/
奥行き
)
127
×
96
×
114 mm (
/
高さ
/
奥行き
)
リモートコードの長さ
250 mm
使用温度範囲
0
40
質量
114 g
同梱物 シューティンググリップ、ハンドスト
ラップ、コードクランパー、キャリング
ポーチ、印刷物一式
仕様および外観は、改良のため予告なく変更することがありま
す。
保証書とアフターサービス
保証書
このには書がれてすので、買い
際、お受け取りください。
所定の記よび容をかめえ、
管してください。
保証期間は、お買い上げ日より
1
年間です。
アフターサービス
調子が悪いときはまずチェックを
この取扱説明書をもう一度ご覧になってお調べください。
それでも具合の悪いときは
ソニーの相談窓口にご相談ください。
保証期間中の修理は
保証書の記載内容に基づいて修理させていただきます。詳しく
は保証書をご覧ください。
保証期間経過後の修理は
修理によって機能が維持できる場合は、ご要望により有料修理
させていただきます。
部品の保有期間について
当社では本機の補修用性能部品(製品の機能を維持するために
必要な部品)を、製造打ち切り後最低
8
年間保有しています。こ
の部品保有期間を修理可能の期間とさせていただきます。保有
期間が経過したあとも、故障箇所によっては修理可能の場合が
ありますので、お買い上げ店か、ソニーの相談窓口にご相談くだ
さい。
ご相談になるときは次のことをお知らせください。
型名:
GP-AVT1
故障の状態:できるだけ詳しく
お買い上げ年月日
English
Thank you for purchasing this Sony Shooting Grip with Mini Tripod.
Before operating this unit, please read this manual thoroughly, and
retain it for future reference.
WARNING
To reduce fire or shock hazard, do not expose the unit to rain or
moisture.
For the Customers in the U.S.A.
CAUTION
You are cautioned that any changes or modifications not expressly
approved in this manual could void your authority to operate this
equipment.
NOTE:
This equipment has been tested and found to comply with the limits
for a Class B digital device, pursuant to Part 15 of the FCC Rules.
These limits are designed to provide reasonable protection against
harmful interference in a residential installation. This equipment
generates, uses, and can radiate radio frequency energy and, if not
installed and used in accordance with the instructions, may cause
harmful interference to radio communications.
However, there is no guarantee that interference will not occur
in a particular installation. If this equipment does cause harmful
interference to radio or television reception, which can be determined
by turning the equipment off and on, the user is encouraged to try to
correct the interference by one or more of the following measures:
Reorient or relocate the receiving antenna.
Increase the separation between the equipment and receiver.
Connect the equipment into an outlet on a circuit different from
that to which the receiver is connected.
Consult the dealer or an experienced radio/TV technician for help.
For Customers in the U.S.A. and Canada
This device complies with Part 15 of the FCC Rules. Operation is
subject to the following two conditions: (1) This device may not cause
harmful interference, and (2) this device must accept any interference
received, including interference that may cause undesired operation.
This Class B digital apparatus complies with Canadian ICES-003.
For the Customers in Europe
<Notice for the customers in the countries applying EU
Directives>
The manufacturer of this product is Sony Corporation, 1-7-1 Konan
Minato-ku Tokyo, 108-0075 Japan. The Authorized Representative
for EMC and product safety is Sony Deutschland GmbH, Hedelfinger
Strasse 61, 70327 Stuttgart, Germany. For any service or guarantee
matters please refer to the addresses given in separate service or
guarantee documents.
Disposal of Old Electrical & Electronic Equipment
(Applicable in the European Union and other
European countries with separate collection
systems)
This symbol on the product or on its packaging indicates
that this product shall not be treated as household
waste. Instead it shall be handed over to the applicable
collection point for the recycling of electrical and electronic
equipment. By ensuring this product is disposed of correctly, you will
help prevent potential negative consequences for the environment
and human health, which could otherwise be caused by inappropriate
waste handling of this product. The recycling of materials will help
to conserve natural resources. For more detailed information about
recycling of this product, please contact your local Civic Office, your
household waste disposal service or the shop where you purchased the
product.
Notes on use
When adjusting the grip angle, do not put your finger on the
control panel to keep the video camera stable. Firmly hold the video
camera with your other hand so that it does not drop.
When adjusting the grip angle, press the angle adjusting button
fully and check that it is fully returned before use. If it is not fully
returned, finely adjust the grip angle back and forth.
When using this unit as a tripod:
Spread the legs fully and set it on a flat surface.
Check the video camera is secure and the tripod is balanced
before removing your hands.
Check that the tripod is balanced after attaching a conversion
lens or other accessories. You may not be able to use the tripod
with some accessories.
Do not use the tripod in a place where it may fall over due to
strong wind, vibration etc.
Be careful not to drop the tripod or spill liquid on it.
Do not leave this unit in direct sunlight, near a heater, or in a very
humid place.
Detach the tripod from the video camera and store it in the
supplied pouch after use.
Gather any excess length of cord with the cable clamper.
Always insert and remove the A/V remote connector in a straight
direction while holding the plug. Forcibly inserting or removing
it may damage the A/V remote connector of this unit or the video
camera.
Cleaning
Clean this unit with a soft cloth slightly moistened with a mild
detergent solution.
After using this unit in a place subject to sea breezes, wipe it well
with a dry cloth.
Features
The GP-AVT1 is a grip with remote control function for video
cameras. You can also spread the legs of this unit and use it as a tripod.
You can use the built-in remote commander to operate video
cameras equipped with a Sony A/V remote connector.
The easy-to-hold grip enables recording in a natural posture. The
remote commander can be operated by the right or left hand.
You can record from various angles: high or low angle, or even
mirror image angle.
Using this unit as a tripod enables steady recording.
The remote control functions include basic recording functions
(movie/still recording, zoom).
Identifying the parts
1 Camera mounting screw
2 Pin
3 Camera seat
4 Camera mounting knob
5 Angle adjusting button
6 A/V remote connector
7 START/STOP button
8 PHOTO button
9 Zoom button
10 R-Leg
11 L-Leg
12 Grip
13 Strap hole
Mounting the Video Camera
Install the battery pack and a “Memory Stick” media, disk or cassette
in the video camera before mounting to this unit.
Be careful not to drop the video camera or this unit.
1 Holding this unit and the video camera firmly,
align the pin and camera mounting screw with
the positioning holes on the bottom of the video
camera. (-1)
Notes
The pin is retractable. Retract it or pull it out depending on
whether your video camera has a positioning hole.
If your video camera has a positioning hole for the pin, keep the
pin extended from the camera seat and attach the video camera.
If the pin is retracted, pull it from the camera seat using a sharp-
pointed object before attaching the video camera.
If your video camera has no positioning hole for the pin, retract
the pin into the camera seat before attaching the video camera.
2 Lightly tighten the camera mounting screw by
turning the camera mounting knob and adjust the
balance by sliding the camera seat forwards or
backwards.
3 H
old the video camera in a stable position and
secure the camera seat by fully tightening the knob.
4 I
nsert the A/V remote connector into the A/V remote
connector of the video camera.
Gather any excess length of cord with the cable clamper. (-4)
Using as a tripod
1 Check that the legs are spread fully.
2 C
heck the forward/backward balance of the tripod.
The tripod may become unstable due to the angle of the camera
seat or if your video camera becomes imbalanced by accessories,
battery etc. Do not use in such a case.
Notes
When using as a tripod, place it on a flat surface.
Using as a shooting grip
1 Attach the hand strap into the strap hole. (-1)
2 I
f the R-leg and L-leg are spread, fold them away.
3 P
ut your hand through the strap and hold the grip.
(-3)
When you hold the grip, hold the video camera with your other
hand.
Putting your fingers on the grip as shown in illustration -3
enables steady recording.
Adjusting the grip angle
You can change the grip angle in increments of approximately ten-
degrees by pressing the angle adjusting button .
1 Adjust the grip to the desired angle while fully
pressing the angle adjusting button .
When pressing the angle adjusting button, hold the video camera
with your other hand. If you do not keep the video camera steady,
it may tilt to one side.
2 Lock the grip at the angle at which the angle
adjusting button is returned.
Adjusting the center of gravity slightly further forward makes it
easier to operate the remote commander.
Notes
Check that the angle adjusting button is fully returned. The grip
only locks when the angle adjusting button is fully returned. If
necessary, adjust the position of the grip slightly while holding the
video camera until the angle adjusting button is fully returned.
Depending on your video camera, adjusting the grip angle may
make the tripod unstable. If this happens, readjust the grip angle.
You may be unable to operate the remote commander at certain
grip angles. In this happens, readjust the grip angle.
Using the Remote Commander
For full details, refer to the operating instructions supplied with the
video camera.
Turn on the power of the video camera
1 Turn on the power of the video camera and set it to
standby mode.
2 S
et the video camera to movie or still image mode.
Notes
If you leave the video camera in standby mode for a certain time, it
turns off automatically. To resume standby mode, turn the power back
on.
How to record a moving image
Press the START/STOP button.
To stop recording, press the START/STOP button again.
How to record a still image
Lightly press and hold the PHOTO button to check the image and
then fully press the button to record it.
How to zoom
Press the Zoom button.
T side (telephoto): Subject appears closer.
W side (wide angle): Subject appears farther away.
Pressing the Zoom button longer makes zooming faster.
You can also zoom in or out by moving the raised central portion of
the zoom button back and forth.
You can also operate the remote commander when using any of the
following video cameras that are not equipped with an A/V remote
connector.
HD
R- CX7, CX6, HC9, HC7, HC5, HC3, SR8, SR7, SR5, SR1, UX7,
UX5, UX3, UX1
D
CR- DVD908, DVD905, DVD808, DVD805, DVD803, DVD755,
DVD708, DVD705, DVD703, DVD653, DVD608, DVD605,
DVD602, DVD508, DVD506, DVD505, DVD408, DVD406,
DVD405, DVD404, DVD403, DVD308, DVD306, DVD305,
DVD304, DVD205, DVD203, DVD202, DVD109, DVD108,
DVD106, DVD105, DVD103, DVD92, HC96, HC94, HC90,
HC48, HC47, HC46, HC45, HC44, HC43, HC42, HC41,
HC40, HC39, HC38, HC37, HC36, HC35, HC33, HC32,
HC30, HC26, HC24, HC23, HC22, HC21, HC20, HC19,
HC17, PC1000, PC55, PC53, SR300, SR290, SR200, SR190,
SR100, SR90, SR82, SR80, SR72, SR70, SR62, SR60, SR52,
SR50, SR42, SR40, SR33, SR32, SR30
Not all video cameras are available in all countries or regions.
After recording
Press the POWER button to turn off the video camera.
For full details, refer to the operating instructions supplied with the
video camera.
Removing the video camera
1 Loosen the camera mounting knob and remove the
video camera from the camera seat.
2 F
old the legs away.
Carrying this unit
Carry this unit in its carrying pouch.
Notes
Do not carry this unit with a video camera attached to it.
Specications
Maximum load 1 kg (35.3 oz)
(Including battery and other
accessories)
Remote Commander
functions
START/STOP button, PHOTO button,
Zoom button (W/T)
Dimensions
Legs folded
Legs opened
Approx. 45 × 132 × 68 mm (w/h/d)
(1 3/4 × 5 1/4 × 2 5/8 in.)
Approx. 127 × 96 × 114 mm (w/h/d)
(5 × 3 7/8 × 4 1/2 in.)
Cord length Approx. 250 mm (9 7/8 in.)
Operating temperature range 0 °C to 40 °C (32 °F to 104 °F)
Mass Approx. 114 g (4.1 oz)
Included items Shooting grip, Hand strap,
Cable clamper, Carrying pouch,
Set of printed documentation
Design and specifications are subject to change without notice.
1
1
3
7 8
9
1
2
3
4
6
5
13
10
11
12
4

Sony GP-AVT1 questions et réponses

Posez votre question au sujet de l'article GP-AVT1 de Sony à d'autres propriétaires du produit. Veillez à fournir une description claire et complète de votre problème lorsque vous posez votre question. Une description claire de votre problème permet aux autres propriétaires du produit GP-AVT1 de Sony de vous fournir une réponse utile.

Caractéristiques

Marque Sony
Modèle GP-AVT1
Produit trépied
EAN 27242748750, 4905524530322, 5704327843863
Langue Anglais, Français, Chinois
Groupe de produit Trépieds
Type de fichier PDF
Poids et dimensions
Poids 120
Caractéristiques
Couleur du produit Noir